お客様の声

いつまでもお子さまと楽しく過ごせる空間、誕生しました。
Vol.18

いつまでもお子さまと楽しく過ごせる空間、誕生しました。

堺市 N様邸

お家づくりの経緯を教えてください!

ネットで「モデルハウス おしゃれ」と検索するとSTYLE HOUSEさんのHPにたどり着きました。堺のモデルハウスが自分好みのテイストだったので、行くだけ行ってみようと思い、見学へ。モデルハウスを見た瞬間に、STYLE HOUSEさんでお家を建てようと決めましたね。他の会社も何軒か見学に行こうと思っていたんですけど、そのモデルハウスを見たら、STYLE HOUSEさんしか目が行かなかったです。他社は見に行っていません。金銭的なことや具体的なお家づくりのことは全然分からなかったんですけど、話を聞くうちに不安が解消され、そこからはとんとん拍子に話が進みました。和泉市や堺市に密着している会社、というのも魅力でしたね。


STYLE HOUSEを選んでよかったことを教えてください。

要望を言ったら何でも対応してくれるところです。たくさんのわがままを叶えてくれました。私たち側から、仕様変更などしたり、打ち合わせで決めたことを変更して欲しいと言うことが何度かありました。そんな時も営業担当の鈴木さんは嫌な顔一つせずに快く対応してくれました。
また、勝手なイメージで注文住宅は高いと思っていました。でも実際に話を聞いていくと、現実的な値段なので安心しました。STYLE HOUSEさんの本社や堺モデルを参考にしたものもたくさんあります。LDKの入口の造作窓と扉は本社のもの。そしてキッチン横のマガジンラックや洗面室のアイアン物干しは堺モデルのものを参考にしました。
施工中の現場にも何度か行きました。大工さんの対応も良かったです。


お家のこだわりを教えてください。

お家の要望を全て書き込んだ「お家ノート」を作って、それをもとに打ち合わせをしていました。梁を出すことや無垢の床はもちろん、造作洗面台や吹き抜け、アイアンの手すりやキッチンカウンターなど、要望はたくさんありましたね。

キッチンのこだわりは、腰壁をできる限り低い高さにしてもらったこと。これはすごく低くしてもらったので、大工さんにもびっくりされました。でも、このおかげでキッチンで家事をしていても、リビングで遊んでいる子どもの姿が良く見えるんです。アイランドキッチンにすると値段が高くなるので、キッチンからの視界を広げつつ費用を抑えられたことは大満足です。キッチンカウンターは、ゆくゆくは子どもたちが宿題するスペースにしようと考えています。
また、キッチンの上の天井は、板張り風のクロスを貼っています。実は、地域の条例で、キッチンの上には燃えやすい木材を付けることができません。そこで、鈴木さんが板張りのクロスをオススメしてくれました。実際に貼ってあるのを見た時に、想像以上に良い雰囲気が出ていて驚きました。クロスの技術が高いので、大工さんでさえ「僕らでも近づかないと分からない」とおっしゃっていました。

造作洗面台の天板はモルタルで、台の側面は木材です。造作洗面台は、STYLE HOUSEさんの施工事例を参考にしましたが、モルタルと木材を組み合わせたものは意外と載っていませんでした。なので私自身もこのような造りにできること自体知らなかったんです。鈴木さんが、「この仕様はどうですか」と見せてくれた案がこの組み合わせでした。見た瞬間に、「かわいい!」と思い即決。近くにあるアイアン物干しも重宝しています。子どもが一人にならないように、とりあえずすぐに干したい時などはすごく便利ですね。

玄関のこだわりは、最後の最後に要望を出してつくってもらった窓。この窓があるおかげで、玄関スペースがすごく明るくなりました。窓をつくったもう一つの理由は、窓がないと外からお家を見た時に「見えなさ過ぎる」から。正面から外観を見て窓がひとつもないと、閉ざされた空間のようなイメージになってしまう。「このお家の人はどんな人なんだろう」って思ってしまうのではないかなと。一つでも窓を付けて、外との繋がりを持てるようにという想いを込めたんです。


住み心地はいかかですか?

良いです!お家づくりの中で、便利に住めるようにということを何度も考えながらつくってもらったおかげです。住んでみて実感したところは、以前住んでいた団地と比べてキッチンが格段に使いやすいこと。以前は背中を折りたたむような辛い姿勢で食器洗いをしていたので、今はすごく楽です。吹き抜けの天井に付けたシーリングファンの能力の高さにも驚いています。吹き抜けのため、電気代がどれくらい上がるのかすごく怖かったんです。でも、シーリングファンのおかげでエアコン1台で下の階も上の階も暖房が良く効いて、値段もそこまで高くなかった。この家で生活し始めてからの画期的な発見は、2階のアイアン手すりに洗濯物を掛けると、シーリングファンの風ですぐに乾くこと。吹き抜けの大きさや配置の関係でたまたまそうなったと思いますが、すごく便利です。
また、吹き抜けのおかげで声がよく聞こえます。そんなに大きな声で呼ばなくても聞こえるので、いいですね。


ご家族やご友人の反応は?

みんなすごく褒めてくれて、「オシャレだね」と口をそろえて言ってくれます。玄関ドアからリビングが見えることもあるので、家の中に入ったことがなくても「かわいいお家ですね」と言ってもらえます。ちょっぴり照れくさいですが、嬉しいです。
キッチンカウンターが人気ですね。施工事例や雑誌などではよく見るんですけど、実際に身近なところで取り入れているお家は少なくて。だから、ここに遊びに来てくれた人は、「いいね。家を建てる時はキッチンカウンターをつけたい!」と言ってくれる人が多いです。


新築をご検討中の方に一言お願いします!

理想通りのお家にするために、現場をよく見に行くことですね。というのも、打ち合わせで変更した仕様と、現場でつくられていた仕様に食い違いがあることに気づけたから。見つけたらすぐに電話をして、きちんと対応して頂いたので、結果的に満足いくお家が完成しました。大工さんが言っていた「お家づくりはお祭り」っていう言葉が印象的でした。そう捉えると、どんなことでも楽しめましたね。